キッチンリフォームとは

キッチンリフォーム申し込み

キッチンを毎日利用する人からすると、使い勝手の良し悪しは非常に重要な問題です。例えばスペースが狭く動きにくい、設備が古くストレスが溜まる、収納場所が少なく乱雑な環境になっているなど、こうした不満があると料理を作る意欲も湧きにくくなることもあるでしょう。

そこでおすすめと言えるのがキッチンリフォームです。キッチン環境を新しくすることによって利便性が格段に良くなり、料理を作る楽しさも高まります。家事によるストレスも軽減されますので、暮らしの質も高められることでしょう。

 

キッチンリフォームのやり方は幅広いです。設備を一新する方法をはじめ、大胆に空間をアレンジすることも可能です。従来のキッチンと言えば壁付けに配置したデザインが主流でしたが、リビング側に向けた対面式や、完全に設備を独立させたアイランド型といったデザインも可能です。また、設備自体もどんどん進化しており、より高機能且つより快適なシステムで料理の質を飛躍的に向上させられます。

 

リフォームを行う上で気になるのが費用面ですが、一部の設備を入れ替える程度の内容なら10〜30万円ほどで行えます。丸ごと設備を入れ替える場合は30〜150万円程度は必要です。場所ごと変更する場合は300〜400万円前後が相場です。内容次第では高額にはなるものの、しかしながら毎日のことですので、それまでの日々の負担やこれからの負担を考慮すると一考してみる価値はあると言えるでしょう。なお、リフォームを依頼する場合はよく比較検討しながら工事を頼む業者を決めることが大切です。同じような工事でも業者によって費用は異なります。安く依頼できる可能性もあるため、できるだけ節約をしたい場合は見積もりを比べながら検討していった方が良いでしょう。ただしリフォームは信頼性も重要です。手抜き工事や欠陥などでトラブルになるケースもあります。そうした点も考慮しながら業者選びをしないと失敗しますから、安さばかりを求める姿勢にも注意しなければいけません。

キッチンリフォームの流れについて

キッチンリフォーム費用

キッチンリフォームは電気やガス管、換気扇の設置や配水管や給水給湯管といった水周りの設備の設置も必要となるので多少大掛かりなリフォームになります。その為壁を解体したりもする為、中には不安になる人もいます。しかし大きな流れを知っておけば安心して業者の方に任せる事が出来ます。

 

ではキッチンリフォームの大きな流れはどうなっているのかというと、まず今まで使用していた古いキッチンを解体する所から始まります。ここではある程度のゴミや騒音が出てしまいますが割合とすぐに終わります。
解体し終わったら上下水道やガス等の配管工事を行い、老朽化した水道管やガス管を取り除いて新しいものに交換します。

 

そして配管工事が終わったら、キッチンの様々な設備を取り付ける為の電気工事に入ります。業者さんは図面を見ながら、設備やコンセントの配置をしていきます。
電気工事が終わったら新しい壁を起こし、抗菌使用であったり、油やホコリ、傷がつきにくい新しいキッチンパネルを貼り付けていきます。

 

こうしてキッチンパネルを貼り付ける事が出来たら、次は設備の取り付けに入ります。比較的簡単な戸棚や換気扇から付けていき、続けてキャビネットも設置していきます。ここまで来ると大分形も見えてきて完成に近づいているのが分かります。キャビネットをつけ終わったら天板も取り付けていよいよあと少しで完成です。仕上げにキッチンの中心ともいえる浄水器や食器乾燥機等の周辺機器を取り付けて、実際に使用出来るかをチェックして確かめ、全て使用する事が出来ればこれでキッチンリフォームは全て完了です。工事が終わったら依頼者に完成したものを見てもらい、問題がなければ引渡しとなります。ここまでの工事期間は最短で2〜3日、平均で4〜5日、長くても1週間以内には終わります。工事完了後、使用し始めてたとえ何か問題があってもすぐにほとんどのリフォーム業者は駆けつけて対応してくれるので安心です。

キッチンリフォームと価格相場

キッチンリフォーム見積り

キッチンは水周りの設備ということもあって、リフォームに必要な費用は家の中でも高めになっています。また今の住宅はシステムキッチンが一般的になっているため、大々的なリフォーム工事が必要になってしまうこともあります。そのため価格相場は150万円から400万円と幅が広くなっていますが、この価格の間で希望するキッチンにリフォームする方が大半です。

 

どうして価格相場にこれだけの開きがあるかというと、キッチンは住宅の中でも広さやサイズに違いがあります。シンクの広さだけに限らず収納部分の広さや数などでもサイズが大きく異なります。リフォームを検討する方の大半は以前のキッチンでの使い勝手から次の希望箇所を考えていきますので、リフォームする箇所やシステムキッチンに組み入れるシステムに個人差が出やすいのです。食器洗い機を備え付けにしたり換気扇を交換したりすれば価格は高くなりますし、システムキッチンだけの交換であれば選ぶものによっては100万円以下でもできるケースがあります。

 

またリフォーム前と水道管や排水管を移動させる工事をするとなると、価格も一気に上昇します。大きく範囲を広げたり縮小させるなどの工事も周辺の部屋の床や壁面に手を加えることになり価格に大きく影響します。他にもガスコンロを電気コンロにするなど設備の変更を行うと大規模な改修が必要になり、工事期間も長くなることもあります。低価格でリフォームしたい場合は配管設備はそのまま使用するなどの工夫で、大幅に費用を削減することもできます。他にも価格を左右するものとしては、システムキッチンの材質やデザインがあります。近年は販売されている数がとても多いことからデザインの希望や価格に合わせて選びやすく、中には自分の好みに合わせてカスタマイズできる商品も販売されています。使われている素材やデザインの違いで使い勝手が大きく変わってきますので、自分の希望に合わせてリフォーム内容を決めることが大切です。

キッチンリフォームと諸費用

キッチンリフォーム

最近では空間に溶け込むおしゃれなキッチンやカウンターやダイニングテーブルと一体化したもの、目立たないようビルトインされたシステムキッチンなど、生活に重要な箇所が随分と進化しています。長く住み続けてきた住宅では色々と不具合も出てきたり、ライフスタイルに合わせた設備を求めることでリフォームを検討することになります。とはいえ、キッチンのリフォームは人生で何度も経験するものではないため、実際にどのくらい費用がかかるか不安を抱えることもおかしくありません。まずは、リフォームでできることと、それに伴う費用をしっかり確認してから見積もりをとることが重要となります。

 

ダイニングのスペースによってはL型やI型に加え、対面型などは設置が難しいこともあるので、十分な広さがあるかどうかも見極めなくてはいけません。実際の費用はグレードによって違いますが、L型なら70万円前後、対面型なら80万円あたりが相場となります。ただ、この金額はキッチン設備にかかる費用だけでなく、解体工事や配管工事など様々な諸費用がかかっています。これらは業者が提出してくれる見積もりに記載されているので、一概に言えるわけではありませんが、細かい部分は業者ごとに異なってきます。大まかなところでは仮設工事に解体工事、内装工事と電気工事、さらに衛生設備工事となります。仮設工事は養生や清掃にかかる費用、解体工事は既存のキッチンを処分する費用、内装工事は壁や天井、床の下地処理や張り替えです。

 

電気工事や衛生設備工事に関しては想像しやすいかと思いますが、専用のコンセントを用意するための配線、さらに排水と給水に必要な配管工事となります。これらは一般的な見積もりの内容となりますが、中には床板が痛んでいて補修が必要であったり、換気扇用の通気口が必要なため余分な工事が追加されるといったことも少なくありません。また、ガスや排水管交換、電気周りがリフォーム会社では対応できないこともあり得るため、外部に委託して追加で費用が発生する可能性もあります。驚くほど高額になるわけではありませんが、どの程度の金額かは見積もりでしっかり確認しておきましょう。

キッチンリフォームと資金計画の建て方について

キッチンリフォーム依頼

経年によって家や住宅機器は老朽化してきます。特にキッチンやバス、トイレといった水回りはトラブルが少なくないです。そこで建て替えるまでにはいかない時、リフォームをすれば改善される場合が多いです。

リフォームを考える時には、場所に関わらず計画を立てた方がスムーズに進みます。
まずどのようなキッチンにしたいのか、家族で相談することから始めます。
主に使う人によって製品の選び方も変わってきますから、数社のパンフレットを取り寄せて慎重に計画を立てましょう。
ある程度予算を立てて希望のキッチンが見つかれば、住宅機器メーカーのショールームに行ってみましょう。

 

ショールームを実際見ることによって、より明確に自己プランが立てやすくなります。
スタッフのアドバイスも参考にして、疑問に思うことはその場で質問して解決しましょう。
今のキッチンは便利な機能がたくさんあり、優れものが多いので迷ってしまうかもしれません。
けれど、色柄、素材、機能などが自分好みに近づいた製品があれば、見積もりは直ぐに出して貰いましょう。

 

予算も大体決めていれば、見積もりを出して貰うことによって決断し易くなります。
後は、リフォームを請け負ってくれる業者を探し、その業者との話し合いで全体の費用が決まります。
業者によってシステムキッチンの価格の値引き率が違いますから、数社を選んで相見積もりを取るのがベストでしょう。

 

例えば、工務店、リフォーム専門業者、住宅機器メーカーの3社に見積もりを出して貰い、その中で自分の計画に一番適している業者に依頼するのが、賢い業者選びです。
誰もがなるべくリーズナブルに抑えたいと思うでしょうから、希望のシステムキッチンの価格がどれくらい値引きして貰えるのかは、とても重要なポイントになってきます。
勿論値段ばかりではなく、業者の人柄も大切ですから、気持ちの良い取引になるように話し合いは大事です。
どちらにしろきちっと計画を立てて置くのが、リフォームを成功させる一歩です。